上野の森に「広島・長崎の火」を永遠に灯す会
   「広島・長崎の火」の由来
 1945年8月6日、9日、広島・長崎に人類最初の原子爆弾がアメリカによって投下され、一瞬にして10数万人の尊い生命が奪われ、辛くも助かった方々も被爆者としていまだに苦しんでいます。広島の惨禍を生き抜いた福岡県星野村(現八女市)の山本達雄さんは叔父の家の廃墟にくすぶっていた原爆の火を故郷に持ち帰り、「恨みの火」として密かに灯し続けました。しかし長い年月を経て「核兵器をなくし平和を願う火」として灯すようになりました。
 1988年3千万人の「ヒロシマ・ナガサキからのアピール」署名とともに「広島の火」は長崎の原爆瓦から採った火と合わされ、ニューヨークの第3回国連軍縮特別総会に届けられました。
 同年4月「下町人間の会」の人々は、この火を東京上野の東照宮境内に灯し続けることを提唱。嵯峨敞全宮司の大きな賛同のもと、モニュメントの設置と火の維持管理のご協力がいただけることになりました。広範な人々の呼びかけによって、「上野東照宮境内に『広島・長崎の火』を灯す会」が結成され、1年あまり、数万人の草の根の運動と募金で1990年7月21日モニュメントが完成しました。
 被爆45周年の8月6日、星野村の「広島の火」と長崎原爆瓦から採火した「長崎の火」が「広島・長崎の火」としてモニュメントに点火されました。
 1991年2月、会の名に「永遠に」を加え、2007年1月に「上野の森に『広島・長崎の火』を永遠に灯す会」とし、活動を続けています。
 2011年3月11日、東日本を襲った巨大な地震と津波によって東京電力福島第一原子力発電所が爆発、深刻な放射能汚染がひろがり、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニと被爆国だった日本は原発事故で加害国になってしまいました。緑の地球と危険な核は絶対に共存できません。私たちは「非核・平和」実現の誓いの火として、「広島・長崎の火」を子や孫につなぎ、灯しつづけます。